2012年02月07日

MASADA

軽くて使い易いACRですが、モーターが不満ですicon08
何、コレ・・バッテリー死んでるの??って思うぐらいサイクルが遅いのです
ハイサイクルは、必要ありませんが マルイのノーマル程度のサイクルは欲しいトコですね
作業前に測定すると、大体11/秒 くらいですね
ACRの分解は、簡単です

ピンを抜いていくだけで、バラバラです

メカボックスの分解なしでスプリング交換できるのは便利ですね

メカボックスの取り出しは、まず マガジン挿入部の2箇所のネジを外します

グリップ底のネジを外します

セレクターをセミ・ポジションにしてメカボックスを上に引き抜きます

モーター配線はハンダ付されています

モーターを交換です、今回 G&PのM120 ショートタイプにしました
交換後の測定では18/秒くらいですicon06




同じカテゴリー(MAGPUL ACR)の記事画像
MASADA ACR
変更
PMAG改修
マイクロダット
ダットサイト
マガジン
同じカテゴリー(MAGPUL ACR)の記事
 MASADA ACR (2011-12-08 08:00)
 変更 (2011-01-05 09:00)
 PMAG改修 (2010-10-23 10:00)
 マイクロダット (2010-10-02 09:10)
 ダットサイト (2010-09-27 09:00)
 マガジン (2010-09-26 12:43)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。