2010年08月19日

セレクター加工

すっかり お気に入りのグロックカービンキットですが、18Cのセミ・フル切替のセレクターレバーまで隠れてしまうので装着したまま切替ができません。
そこで、装着したままセレクターレバーを操作できるよう加工しました。
なるべく形を変えたくないので少しの加工で済むように少しずつ電ドリとピラニアソーを使って加工していきます。

しかし、きちんとセレクターレバーを操作できるようになるには、結構な大穴が開いちゃいました。

後は、ヤスリで整えます。





同じカテゴリー(GLOCK)の記事画像
フェザーウェイトピストン
クリップ ホルスター
ガス漏れ
実験
グロカー
メタスラ
同じカテゴリー(GLOCK)の記事
 フェザーウェイトピストン (2011-08-30 08:56)
 クリップ ホルスター (2011-08-15 09:00)
 ガス漏れ (2011-07-19 08:45)
 実験 (2011-06-17 08:45)
 グロカー (2011-06-16 16:43)
 メタスラ (2011-06-09 09:00)
Posted by ALFA at 09:30│Comments(2)GLOCK
この記事へのコメント
初めまして。
それやろうか、考えたのですが・・・強度落ちそうなんでやめました。。。

思ったより、穴大きくなってしまうんですね。
Posted by かしー at 2010年08月19日 12:26
かしーさん

コメントありがとうございます。
実際に指を入れて操作できるようにすると写真ぐらいは広げないとダメでした。
でも強度は、大丈夫だと思います(本体の樹脂が厚みがあるので)
使いやすいようにスライドストップのレバー上部も削ってもいいかもしれません。
Posted by ALFAALFA at 2010年08月19日 14:30
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。